無料ブログはココログ

« けん爺の手習い日記 | トップページ | けん爺の手習い日記 »

2019年9月14日 (土)

けん爺の手習い日記

けんじいの一言いわせて 

和元年9月13日(金)産経新聞一面トップより 

千葉なお29万戸停電 颱風15号 通信障害が拡大

 老生は、停電に備えて発電機を購入してある。梱包したままで、まだ使ったことはない。常に使ってないといざと言うときに役に立たないと思うが思うだけで実行しない自分がなさけない。

篆刻

Dscn4874_20190913195201 「開示悟入」 春秋戦国篆 白文 ▢4.0cm 木印(公孫樹)パソコン印稿

 ヤルキヲ発(オコサセ(開)
 ヤッテミセ(示)
 ヤラセテミセテ合点サセ(悟)
 ハダカニナラネバ人ハ動カジ(入)

 

読書

 

 神渡良平著 安岡正篤 人生を拓くより心に響く語句を選ぶ

第五章 心耳を澄ます

 〇儒学者・佐藤一斎の静坐の効用
  「深夜庵室に独坐すれば、群動皆息(や)み、形影倶(とも)にほろぶ。是に於いて反観すれば・・・炯然として自ら照らす者有るを覚え、・・・」

  「吾が性は即ち天なり。躯殻(くかく)は即ち天を蔵する室なり」

  「当今の毀誉は懼るるに足らず。後生の毀誉はは懼る可し。一身の得喪は慮るに足らず。子孫の得喪は慮る可し。」

正論 10月号

 〇追悼勝田吉太郎氏 思想的洞察踏まえた共産主義への警鐘
 〇スクールロイヤー構想 弁護士が教育現場に関わる際の問題点

松原泰道著 法華経入門
 〇第4章 卑屈・虚無からの解放ー「長者窮子の喩」ー自分の能力を信じ、如何にして自己開発に努めるか

了本
 なし   

待機中の本
 歴史の読み方研究会編「日本史&世界史 並列年表」
 中西 進著「万葉集(一)」
 来日外国人が驚いた日本絶賛記録(産経NF文庫)
 ニッポン人のよいとこ悪いとこ(KAWADE夢文庫)
 百田尚樹著「夏の騎士」
 西尾幹二 GHQ焚書図書開封2

« けん爺の手習い日記 | トップページ | けん爺の手習い日記 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« けん爺の手習い日記 | トップページ | けん爺の手習い日記 »