無料ブログはココログ

« けん爺の手習い日記 | トップページ | けん爺の手習い日記 »

2019年8月14日 (水)

けん爺の手習い日記

けんじいの一言いわせて

和元年8月13日(火)産経新聞一面トップより

 今日は新聞がおやすみなので勝手に「偽善」について一言いわせて貰います。

 仏教ウェッブ入門講座によれば
 「
偽善者」とは、偽善をする人です。
 「偽善」とは、偽りの善ということで、上辺を取り繕った見せかけの善であり、つまり嘘です。
 
そのため、偽善者は、見せかけの善をする人です。
 偽善者は、大きく分けると2つのタイプがあります。

 1つには、裏では悪を行いながら、人前では善をする人です。
 2つには、どこかで悪を行ってるわけではありませんが、自分の欲のために善をする人です。

 誰もが偽善者は好きになれません。
 老生の場合、左翼の連中の偽善は特に許せません。
 何故許せないかというと現実を無視して理想だけを語るからです。
 語るだけでなく、これをネタに為政者を攻撃するからです。
 自分を安全な弱者の立場に置いて攻撃するからです。

 左翼の偽善者はどちらのタイプでしょうか。
 1のタイプなら因果応報の理により報いをうけるからほっとけばよいのですが、2のタイプならどうしたらよいのでしょうか。
人間は「煩悩具足」であるから「雑悪の善」以外は出来ないと仏陀は言われたそうです。
 雑悪の善とは、自己顕示欲から発した善ではあるけれども善は善であるからやった方がよいと仏陀は言われたそうです。

 それでも左翼の偽善面をした言説を許せません。
 最近の事例では表現の自由だといって例の慰安婦像を展示した展覧会です。
 この怒りの心をどう治めるかこれを「公案」として座禅をしてみようと思います。

 

篆刻

Dscn4841 「中道」印篆 白文 3.2×3.0 木印(槙) 作品

 中道 トハ ノ道ナリ。二項対立ヲ 離レ、敵ヲ認メルコトナリ。山川草木悉有仏性デアル。

読書

神渡良平著 安岡正篤 人生を拓くより心に響く語句を選ぶ
第三章 喜神を含む

 〇無用の大用
  安岡の雅号「瓠堂」は『荘子』の逍遙遊篇にでてくる大瓠の逸話(無用の大用)に由来するという。

正論9月号

 〇憲法改正の議論を進めよ 憲法を国民の手に!言論人フォーラム発足
 〇国基研日本研究奨励賞受賞者寄稿
 〇小説台湾 明治日本人の群像
 〇読者のプロムナード

了本

正論9月号

待機中の本
社会科地図研究会編「小学生のための日本地図帳」
歴史の読み方研究会編「日本史&世界史 並列年表」
中西 進著「万葉集(一)」
来日外国人が驚いた日本絶賛記録(産経NF文庫)
ニッポン人のよいとこ悪いとこ(KAWADE夢文庫)
百田尚樹著「夏の騎士」
西尾幹二 GHQ焚書図書開封2

 

 

 

« けん爺の手習い日記 | トップページ | けん爺の手習い日記 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« けん爺の手習い日記 | トップページ | けん爺の手習い日記 »