無料ブログはココログ

« けん爺の手習い日記 | トップページ | けん爺の手習い日記 »

2019年8月20日 (火)

けん爺の手習い日記

けんじいの一言いわせて 

和元年8月19日(月)産経新聞一面トップより

衛生電波の妨害監視 防衛省自衛隊運用に不可欠

 孫子の兵法にいう。『戦わずし人の兵を屈するは善の善なるものなり』

そこで、新非核三原則と新専守防衛を考えてみた。

新非核3原則 みんなが持てば使えない。作らせ、持たせ、使わせない

新専守防衛 やられたら倍返しの備え ロボット兵器、無人兵器による敵基地先制攻撃体制の構築

 

篆刻

Dscn4848

「風」刻字 22×20cm 公孫樹 習作 彩色

 木印の端材に初めて彫ってみた。
 完成をご期待ください。
 

 あと一歩です。

 

読書

神渡良平著 安岡正篤 人生を拓くより心に響く語句を選ぶ
第四章 下座に生きる

 〇安岡正篤と詩論

  「生命のある処、至る処韻律がある。・・・その優れた表現は、・・・道徳の峻厳、信仰の崇高にも和して、人間の生活を浄化し、精神を救う美の一種で、人々はこれを美という」
  「詩の根底には、純真なる生活、敬虔にして自由なる人格、無限への憧憬、驚かんとする心がなければならぬ。感激は詩の生命である」

河野太通著 白隠禅師 座禅和讃を読む

 〇ⅲ. すべてが記するもの

 

了本

 なし
 

待機中の本

歴史の読み方研究会編「日本史&世界史 並列年表」
中西 進著「万葉集(一)」
来日外国人が驚いた日本絶賛記録(産経NF文庫)
ニッポン人のよいとこ悪いとこ(KAWADE夢文庫)
百田尚樹著「夏の騎士」
西尾幹二 GHQ焚書図書開封2

« けん爺の手習い日記 | トップページ | けん爺の手習い日記 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« けん爺の手習い日記 | トップページ | けん爺の手習い日記 »